【あなたの番です】第2話4月21日(日)放送分の考察

マンションの部屋あなたの番です
スポンサーリンク

【あなたの番です】第2話4月21日(日)放送分の考察

ストーリー

管理人の床島比呂志(竹中直人)が屋上から転落死した。

警察の見解は事件性はなく”自殺”ということになった。

手塚翔太(田中圭)は、ショックを受けて沈んでいる菜奈(原田知世)のとを気遣う。

しかし菜奈は住民会で行われたゲームのことを翔太に知られたくないし、推理好きの翔太が床島の死の真相を推理し始めないか気が気でなかった。

そんな中、臨時の住民会が開かれ菜奈が参加することに。

住民たちの間にはあのゲームが床島の死と関係があるのではないかと微妙な空気が流れ始める。

藤井淳史(片桐仁)から菜奈は、「交換殺人の話をし始めたあんたのせいだ」と責められ戸惑う。

シンイー(金澤美穂)がマンション1階の掲示板に”管理人さん”と書かれた紙が貼ってあったとみんなに見せると一同は、やはり床島はあのゲームで殺されたのではないかと一気に不安になる。

一同は藤井を疑おうとするが、私は”管理人さん”とは書いていないし、実際は”山際祐太郎”と書いたと話す。

この紙は誰が書いたのか?そして、誰が引いたのか?引いた人物が床島を殺したのか・・?「まさか、そんな訳ない。偶然だ」と結論づける一同。

そしてさらに藤井はルール違反はだめだと言い出す。

「殺したい人を”管理人さん”と書いた人は望みが叶ったわけだから、その見返りとして”管理人さん”と書いた人は自分が引いたクジに書かれた人物を殺さないのはルール違反ですよ。」と言ってみんなを煽りたてた。

そんな住民会が行われている部屋に、翔太が管理人室の受付の窓が割れていると入ってくる。

一同は恐る恐る管理人室の前に行くと、確かに窓が半開きになって窓が割れていた。

すると管理人室の中から榎本早苗(木村多江)の夫である正志(阪田マサノブ)が現れた。

正志は自分は警察に勤めていて管理人室を調べていたが、自分が管理人室に入る時に窓は既に割れていたと言った。

そして管理人である床島には持病がありそれを苦にした自殺なので事件性はないと内情を明かした。

マンション周辺のお店などを探索していた翔太と菜奈は、気になったブータン料理のお店があり、店の前に行ってみるとマンションの同居人であるシンイーがそこで働いていた。

2人はシンイーに勧められて店の中に入ると、そこにも同居人である藤井と久住譲(袴田吉彦)が客としてテーブルについていた。

四人は同じテーブルで会食することになるが、藤井は翔太夫妻の馴れ初めをしつこく聞いてくる。

そんな中、店のテレビにはタレント医師の山際祐太郎(森岡豊)が映し出されて出ていたが、藤井はチャンネルを変えてくれと言いだす。

藤井はかつて同じ学年で親友であった山際を恨んでいた。

藤井には学生の頃に片思いだった”かおるちゃん”がいたと言う。

自分のことを振り向いてくれないのなら、親友である山際と仲良くしていたので2人は結婚してくれたらいいのにと思っていた。

だが山際は自分は女優と結婚するから”かおるちゃん”とは遊び程度でもう用はないとまで言ったのである。

藤井は山際に対して恨みを思い殺したいとも思っていたと話す。

そんな矢先、店のテレビでは数日前から行方不明だった山際祐太郎が殺されて、山林に埋められていたというニュースが報じられた。

山際が殺されたというニュースに一同は驚愕するが、住民会のゲームで山際の名前を紙に書いた藤井が一番驚いていた。

そして「俺じゃない、俺じゃない」と低くつぶやいていた。

マンションに戻った藤井は部屋のチャイムが鳴ったので廊下に出て見ると、部屋の前に置かれた回覧板に気がつく。

見てみると中には「ルールはちゃんと守りましょう」と書かれていた。

ルールとは「自分が殺したいと思っている人物が死んだのであれば、その人が引いたクジに書かれていた人物を殺さないのはルール違反ですよ!」と藤井自身が住民会でみんなに言った言葉であった。

山際の事件を週刊誌は「Dr.山際、怪死体 首から上はどこへ!?」と頭部の無い死体と報じていた。

そんな中、藤井の勤めるクリニックには、妙な封筒が届く。

中身は週刊誌の山際の怪死体のページが入っていてそこには赤い文字で「あなたの番です」と書かれていた。

仕事から帰り、部屋のソファーに疲れたように座ると藤井は何か変な音に気がつく。

それはドラム式洗濯機がドン、ドン、ドンと回っている音だった。

回した覚えも無いのに洗濯機の中で何かが回っている。

ストップを押して扉を開けてみると中には人間の頭部らしきものが確認されたのだった。

おわり

第3話へ続く

まこきちの考察

1.”管理人さん”と書かれた紙には罫線がある。

住民会の交換殺人ゲームで記入に使われた紙には罫線はなかったんです。なので掲示板に貼られていた”管理人さん”と書かれた用紙は住民会の交換殺人ゲームで使われた物ではないということです。

2.ルールをちゃんと守りましょう。

藤井の部屋の前に置かれた回覧板には「ルールをちゃんと守りましょう」と書かれていました。この文章はマンションの掲示板に貼られていたもので、単にゴミ出しなどマンション内の「ルールを守りましょう」ということだと考えられます。

だけど藤井は交換殺人ゲームの「ルール」ではないかと思ってしまったのではないでしょうか。回覧板を藤井の部屋の前に置いたのは同じ階の401号室の木下あかね(山田真歩)のように思えます。
のぞき見をしていてマンション住民とコミュニケーションしない木下なので、ただ単に「言ったことの責任は守りましょう」な感じです。

3.山際を殺したのは誰?

山際の殺人はまだマンション内の住民の関与は無いと考えています。以前付き合っていた”のぞみちゃん”の線がいまのところ有力に考えられます。自分がもてあそばれた末の逆恨みな感じで。

藤井の部屋のドラム式洗濯機の中に人間の頭部らしい物が確認されたんだけど、そこで今回の話が終了したので、本当に人間の頭部なのかは次週に持ち越しです。

それにしてもドラム式洗濯機の中の物を確認した藤井は医者であるはずなのに、あの慌て振りは無いと思いました。驚くにしろ医者であるのだから洗濯機の中にあるものが何なのかを、もう少し冷静に確認できると思います。

次週ドラム式洗濯機の中のもの扱いが
1.本当に人間の頭部であった。
2.藤井の見間違いであった。
3.慌てて部屋の外に出たが、戻って見ると洗濯機の中には何もなかった。

1か3ならば話がふくらみますが、2ならなんでもアリな話の作りになるので残念かなw

 

キウンクエ蔵前(住民と関係者)

501号室 佐藤豪(安藤政信)
502号室 赤池美里(峯村リエ)吾朗、幸子

401号室 木下あかね(山田真歩)
402号室 榎本早苗(木村多江)、正志(阪田マサノブ)
403号室 藤井淳史(片桐仁)
404号室 江藤祐樹(小池亮介)

301号室 尾野幹葉(奈緒)
302号室 手塚菜奈(原田知世)、手塚翔太(田中圭)
303号室 空室
304号室 北川澄香(真飛聖)、そら(田中レイ)

201号室 浮田啓輔(田中要次)、妹尾あいり、柿沼遼
202号室 黒島紗和(西尾七瀬)
203号室 シンイー(金沢美穂)、クオン、イクバル
204号室 西村淳(和田聰宏)

101号室 久住譲(袴田吉彦)
102号室 児嶋佳世(片岡礼子)、俊明(坪倉由幸)
103号室 田宮淳一郎(生瀬勝久)、君子(長野里美)
104号室 石崎洋子(三倉佳奈)、健二、文代、一男

管理人 床嶋比呂志(竹中直人)
所轄刑事 神谷将人(浅香航大)、水城洋司(皆川猿時)
看護師 桜木るり(筧美和子)

交換殺人ゲームの参加者