配信映画【東京喰種 トーキョーグール】最強ってだれ?と思い出した漫画

東京の夜景邦画

こんにちは、まこきちです。

今回ご紹介するのは、こちらです。

洋画:【東京喰種 トーキョーグール】
監督:萩原健太郎

公開:2017年
時間:1時間59分

主な登場人物

窪田正孝, 清水富美加, 鈴木伸之

桜田ひより, 蒼井優, 大泉洋, 村井國夫, 小笠原海, 白石隼也, 相田翔子, 栁俊太郎

坂東巳之助, 佐々木希, 浜野謙太, 古畑星夏, 前野朋哉, ダンカン, 岩松了

スポンサーリンク

最強ってだれ?と思い出した漫画

原作は漫画ってことですが、私は読んだことはありません。

なので映画だけを見ての考察になります。

まこきち
まこきち

ってことで、よろしくおねがいしますm(_ _)m

冒頭から凄いアクションとCGなので最後まで面白く観てしまいました。

特にカネキ(窪田正孝)と亜門(鈴木伸之)が戦う場面は

カネキを応援していて

「やれ、やってしまえ!」って観てましたw。

そこで観ていて気になったことは2つ

①最強ってだれ?
②昔の漫画を思い出しました

です。

最強ってだれ?

アタッシュケースの武器

様々なグールが出てきたんだけど、意外なのは真戸(大泉洋)がグールに対して半端なく強いってことです。

あのアタッシュケースから出すグール的な武器(ごめんなさい、名前を知りません)

が強いのなんのって、とにかくすごい!!

グールが逃げちゃうほど強いです。

カネキと真戸の対決は無し

主人公であるカネキ(窪田正孝)と真戸(大泉洋)と

戦ったらどうなったのかな~って思うよね^^

映画では無かったので、余計にそう思いました。

最強ってだれ?

最強だと思われるのはあの子でした。

両親を捜査官に殺された

ヒナミ(桜田ひより)だと思います。

大人になったらもっと凄くなるかもって感じでした。

まこきち
まこきち

両親の遺伝子を受け継いだ攻撃力は半端ないっす

様々な形態のグールがいて

他にもっと強いのがいると思いますが

本編ではヒナミで決定させていただきますw

東京喰種 トーキョーグール
人の姿をしながら、人を喰らう怪人・喰種 (グール) が潜む東京。平凡な大学生・カネキはある日事件にあい、喰種のリゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。苦悩するカネキは、喰種が集まる喫茶店「あんていく」で働き始め、そこで女子高生トーカたちと出会い、喰種にも守るべき家族や友人がいることを知る。一方、喰種を駆逐す...

昔の漫画を思い出しました

吸血鬼

グールを観ていて、ずうっと以前に見た漫画を思い出し

(あれ何んていう漫画だっけ・・・?)

(たしか吸血鬼の話だったような)

とようやく断片的に思い出しました。

漫画家弘兼憲史さんの作品で吸血鬼の一族の漫画です。

血を吸わないと生きて行けない

ある年齢になると変な歯が生えてきて

それが吸血鬼たる歯で

人の血を吸わないと生きて行けなくなり

人を殺して血を確保するか、人を殺すのがいやで自決するか

の選択に「自決する」を選ぶ短命の一族を描いた作品。

血を確保できれば不老不死の体になり

たしか外国に先祖が生きていたような記憶があります。

肉と血

グールでは、人の肉を喰らわないと生きて行けないし、

弘兼さんの作品では、人の血を吸わないと生きて行けない。

そこが似ていたので思い出したのでしょう。

グールはアクション系の作品ですが、

弘兼さんの作品は悲しいドラマだったように記憶しています。

まこきちの感想

CGがすごかったので☆☆☆☆

冒頭から凄いアクションとCGなので最後まで面白く観てしまいました。

特にカネキ(窪田正孝)と亜門(鈴木伸之)が戦う場面は

カネキを応援していて

「やれ、やってしまえ!」って観てましたw。

東京喰種 トーキョーグール【S】
不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキ (窪田正孝)。彼の前に突然現れた男・月山習 (松田翔太) により【喰種レストラン】に招待されるのだが、彼は美食家〈グルメ〉と呼ばれる史上最悪の喰種だった。【半喰種】であるカネキの香りにただならぬ執着を見せる月山の魔の手は、カネキ...

====================

以上、まこきちの考察と感想でした。

コンテンツのほんの一部しか御紹介していませんがいかがでしたか?

ツッコミ所があると思いますが、どうぞお許しくださいw

もし思いやりのある御意見や御感想が御座いましたら

コメント欄やお問い合わせフォームをご利用下さいますようお願いいたします。

ここで紹介したコンテンツが配信終了となっているものがあるかもしれません。
その場合はご容赦下さいますようお願いいたします

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント