WiFi環境のすすめ|動画配信サービスをテレビや各デバイスで楽しむ

ワイファイWi-Fi
スポンサーリンク

こんにちは、まこきちです。

スマホやタブレットなどは簡単にWiFi接続できますが

テレビやパソコンもWiFi接続できるようになると

動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)を

あなたの大画面テレビで迫力あるシーンが観られるようになります。

それには「WiFiルーター」と「子機」が必要になる場合があるので設置の仕方を紹介します。

WiFi環境のすすめ

ワイヤレスなので面倒な配線が無くてスッキリ

インターネット環境をWiFi化するメリットは各デバイスの設置場所を気にせず使えるということです。

いままでは複数のデバイスをインターネットに接続するには有線(LANケーブル)を接続する必要がありLANケーブルの長さによってデバイスの設置場所が制限されていました。

 

WiFiルーターを設置してWiFi化すると、電波の届く範囲であれば家中どこでも自由にインターネットに接続できるようになります。

スマホやタブレットなら家の中を移動しながら利用でき、ノートパソコンなら好きな場所でパソコン作業が行えるようになります。

WiFi設定は簡単!

WiFiは設定が難しく思われますが最近のWiFiルーターの初期設定はとても容易にできるようになっています。

はじめて使う方でも驚くほど簡単にWiFi環境を構築することが可能です。

コンビニやファミレスなどの公共WiFiに接続する手順と同じで、使用したい端末からルーターを選択してパスワードを入力するだけです。

さらにWiFiルーターにあるボタンを押すだけで接続が完了するというものもあります。

ルーターとモデムの違い

ルーターは複数の端末を接続するための機器のことです。

モデムとはインターネットに接続するための機器でルーター機能を内蔵するものもあります。

光回線の場合、モデムではなく「光回線終端装置」といいます。

WiFi対応端末はすべてつながる

WiFiにつなげることができる端末は、スマホやタブレット、PCだけではありません。

テレビ、レコーダー、カメラ、プリンター、ゲーム機などWiFi対応の家電製品はワイヤレスで使用できます。

WiFi環境でスマホの通信量を節約できます

スマホを使ってYoutubeなどの動画サイトを楽しんでいたらいつの間にか通信量がオーバーして通信制限がかかってしまった・・・。

自宅のWiFiにスマホを接続すると、携帯電話キャリアのパケット課金は発生されずに、使い放題で使用できます。しかも高速回線なのできれいな画像で再生を楽しむことができます。

ユーチューブ

 

固定光回線とポケットWiFiの違い

インターネットをWiFi通信の環境にするには大きく分けて2つの種類があります。固定光回線とポケットWiFiです。

光回線は電柱から屋内に光ファイバーケーブルを通してWiFiルーターで無線化します。

外出先ではもちろん利用できません。

ポケットWiFiは小さな端末機でスマホやタブレット、ノートパソコン、携帯ゲーム機などと一緒に持ち歩く自分専用のWiFi機です。

もちろん屋内と屋外で利用できます。

 

 

WiFi機のバージョン

結論からいうとWiFi規格「11ac」の表示があるものを選べば間違いありません。

WiFi機のバージョンは下位互換が設けられているため、「11n」「11g」「11b」「11a」にも互換があるので、「11ac」の表示があるということは「IEEE 802.11ac/n/g/b/a」とパッケージには表記されています。

現在WiFi規格表示がナンバリング規格に表示が変わると言われています。

 WiFi 5 =「IEEE 802.11ac」に、WiFi 4 =「IEEE 802.11n」と表示が変わります。

ですからもし「WiFi5」と表記していたら「11ac」のことだと考えればいいでしょう。

※現在さらに新しい「11ax」= WiFi 6というバージョンがあるそうですが、まだまだ対応機器が少なく非常に高価で普及するには数年かかるといわれています。
 

WiFiを利用するには親機と子機が必要です

WiFi通信は親機と子機が必要で、「親機」とはいわゆるWiFiルーターやポケットWiFiのことで電波を発する側です。

そして「子機」とは電波を受け取る側つまり受信する側で、スマホやタブレット、パソコン、テレビなどのことをいいます。

最近のスマホやタブレット、パソコン、テレビは初めからWiFiを受信できる状態にあり、パスワードを入力すればそのまま使えます。

しかし少し前のテレビやパソコン(自作パソコン)などはWiFiを受信できないものもあります。

その場合パソコンには「親機専用の子機」をUSB接続すれば簡単にWiFiを受信できるようになります。

テレビに関してはHDMI接続の「Amazon Fire TV Stick」を接続すればほとんどのVOD動画配信サービスがスタートメニューに表示されてすぐに楽しめるようになるのでおすすめです。

また4Kテレビに対応した「Amazon Fire TV Stick 4K」もあります。

 

 

 

Amazon Fire TV Stick のスタートメニュー アプリケーション
internet」「Prime Video」「amazon music」「Youtube.com 」「photos」「Hulu」「AbemaTV」「Netflix」「GYAO!」「DAZN」「FOD」「ビデオパス 」「U-NEXT」「Silk Browser」「 Paravi 」「cookpad TV」「Firefox」「video Market」「NJPW WORLD」「モンスト チャンネル 」「dTV」「dアニメストア」 「パズドラTV」「OPENREC.tvniconico」「BBC NEWS」「BERLINER PHILHARMONIKER 」「NHK WORLD from JAPAN

※無料で視聴できるものから、有料アカウントをパソコンかスマホで取得し、PINコードを入力して視聴できるものまで多数あります。

 

WiFiルーターの設置と設定

WiFiルーターの設置は付属のLANケーブルを光回線終端装置につなげて、電源プラグを差し込むだけです。

WiFiルーターの設定は付属のセットアップCD-ROMをパソコンのディスク・ドライブにセットして、あとは指示に従うだけで簡単に設定が完了します。

スマホやタブレット、ノートパソコン、プリンター、ゲーム機にはワァイヤレス受信機が備わっているので「子機」は必要ありません。

WiFiルーター設置設定後に接続したいWiFiネットワークを選択して、パスワードを入力するだけで接続完了です。

テレビは前に述べたAmazon Fire TV Stick が受信機となるので「子機」は必要ありません。

「子機」が必要になる場合はパソコンやノートパソコンのバージョンが古く、「11ac」「11n」に対応していないなら必要になります。

パソコンやノートパソコンが「IEEE 802.11ac/n/g/b/a」のどのバージョンまで対応しているのか確認する必要があります。

 

 

中継機の設置が必要な場合

固定光回線は1LDKほどの部屋の数が少ない家であればWiFiルーターの設置場所を工夫すれば快適な通信速度を得ることができます。

でも部屋の数が多かったり、2階の部屋に1階にあるWiFiルーターの電波が届かない場合があります。

WiFiルーターの電波は障害物を介する度に弱くなるからです。

そんなときは届けたい場所やそこまでの途中に中継機を設置するとWiFi通信が快適にできるようになります。

親機として使っているWiFiルーターが中継機として使用できるものや、コンセント直挿しで配線不要なスッキリタイプなどがあります。

WiFiがつながらないときは、中継機または中継機能付きのWiFiルーターを購入すれば離れた場所に電波を届けることができます。

※中継機を使用した場合は電波が不安定になる場合があるのでテレビやレコーダーなどはWiFiルーター親機との通信が理想です。

 

まとめ

1.WiFiルーターは「11ac」の表示のあるものを選ぶ。

2.WiFiを受信できない端末には親機専用の受信機「子機」をUSB接続する。

3.テレビがWiFi受信に対応していない時は「Amazon Fire TV Stick」をHDMI接続する。

4.WiFi電波が届かないときは「中継機」を設ける。

5.スマホの通信量を気にすることが無いので、とてもうれしい。

 

WiFiルーターを設置すると手軽に簡単に動画配信サービス(VOD:ビデオ・オン・デマンド)を楽しむことができます。

今夜は何を見ようか、あのドラマの続きはどうなる?など、ワクワクした毎日をお楽しみください。

まこきち
まこきち

寝不足には注意が必要ですよww