【民泊WiFi】のおすすめを比較|個人でも活用OK

ネット端末機Wi-Fi
スポンサーリンク

民泊WiFi』とは、民泊を運用するホストが、民泊を利用するゲストにモバイルWiFiを貸し出す、レンタルサービスのことをいいます。

契約期間の縛りが無い」のが特徴で、しかも短期間で借りることができるので、ゲストが外国人観光客の場合はかなり好評なサービスになります。

通常のモバイルWiFi機を民泊用に契約することもできるのですが、ゲストとのやり取りを民泊ホストから開放するために提供している会社もあります。

そこで、おすすめの民泊WiFiを紹介します。

モバイルWiFiルーターを縛りなしで活用できる【民泊WiFi】

モバイルWiFiルーターとは

mac-wifi

モバイルWiFiルーターとは、スマホと同じくらいのサイズや重さで、パソコンやタブレット、スマートフォンなどWiFi機能を備えたWiFiルーターです。

ポケットWiFi(ワイモバイル)やWiMAXなどの通信業者のネットワークを利用し、外出先でインターネット接続を可能にする携帯型のWiFi端末機です。

通常のモバイルWiFiルーターの利用料金を考えると、2年・3年の縛りが付いていたり、通信量の上限が設けられたり、さらに容易に乗り換えができないのがネックでした。

民泊ホストとゲストの関係

そんな中、最近、契約期間の縛りがなく、さらに通信量が月間無制限のレンタルサービス『民泊WiFi』が評判になっています。

民泊ホストがモバイルWiFi提供会社を利用することにより、モバイル端末の利用者は提供会社のサポートを受けることになり、ホストは端末利用者のサポートから軽減が図れます。

多くの観光客がスマートフォンを所持しているので、民泊ホストは宿泊に来ていただいたゲストに快適なインターネット環境を利用していただくために『民泊WiFi』のサービスが必要になってきます。

民泊を運営しているのであれば、快適なインターネット環境をゲストに提供するのは必須事項となります。

日本にやってきた外国人ゲストは、そのモバイルWiFi機を観光地に持ち歩くことが出来るので、マップや検索など自由にそしてストレスなく使うことができます。

それが結果として、ゲストの高評価レビューに繋がり、新たな予約を生むという形で『民泊WiFi』は活用されています。

なぜモバイルWiFiがいいのか?

ドミトリー

モバイルWiFiのいいところは、利用者が民泊施設内と外出先での設定の切り替えが必要なく使用できるところです。

民泊の施設の中で「フリーWiFi」を設けているところがありますが、ゲストがそのまま外出して観光地へ行ったとしても、WiFiは利用することができません。

そこでゲストがモバイルWiFiを利用していたとしたら、施設内と外出先での両方で、何の設定もなくWiFiを利用することができるのです。

さらに月間での通信制限がないのでゲストは安心して利用することができ、もしクレームがあったとしても『民泊WiFi』会社が多言語でサポートしてくれるので、ホストの負担は軽減されます。

個人契約でもお得!

これは個人で契約する場合も同じで、月額料金を安く契約期間の縛りなしで利用できます。

これまでは、契約してみたものの、月額料金や通信エリア回線速度などで不満があるけども、2~3年の縛りが有るので、なかなか他社へ切り替えることができなかったのが事実だと思います。

だけどこの『民泊WiFi』は、月額料金が安く設定されているのにも関わらず、さらに「縛りが無い」というのが特徴なので、個人でも縛りを気にすることなく気軽に契約することができます。(※最低1ヶ月の利用は必要です。)

主な料金比較

各社、月額など割引キャンペーンを行っている場合があるので、公式サイトでの確認をしてください。

各種キャンペーンの確認
 SPACE Wi-Fi
縛りなしWiFi
famifi
月額料金3,680円3,300円3,980円
契約期間縛りなしなしなし
契約事務手数料0円1,000円3,000円
解約事務手数料0円0円5,000円
端末代金0円0円0円
初回配送料0円0円1,000円
端末補償料金500円/月
契約時のみ加入可能
500円/月
契約時のみ加入可能
500円/月
契約時加入必須
下り最大通信速度440Mbps440Mbps440Mbps~
多言語サポートありあり
お支払い方法クレジットカード
口座振替
クレジットカードクレジットカード
1年の支払い総額44,160円39,600円47,760円

※税抜価格

民泊WiFi各社の主な特徴

SPACE Wi-Fi

最安値保証と縛りなしのモバイルWi-Fi SPACE Wi-Fi

・あんしん端末補償の内容(500円(税抜)/月)
端末の故障・紛失・水没の場合 :
未加入時4万円(税抜)が1万円(税抜)の支払いでOK。
・提供される端末
Speed Wi-Fi NEXT04(WiMAX)、Pocket WiFi 801ZT(Softbank) どちらかの端末になります。

 

 

WiMAX NEXT04
同時に最大10台接続可能。
連続通信時間は約10.5時間。

Softbank 801ZT
同時に最大10台接続可能。
連続通信時間は約10時間。

・通信制限
Speed Wi-Fi NEXT04 : 3日間で10GBを超えると制限されます。
Pocket WiFi 801ZT : 1日で3GBを超えると当日中に制限されます。
・解約はいつできる?
1ヶ月間の最低利用期間が経過した後はいつでも解約OK。
その場合、端末を返送する必要があり、送料はお客様負担。
・外国人の対応
日本語・中国語に対応したコールセンターが有り。
英語・中国語での端末操作マニュアルをダウンロードできる。
・一般利用も可能
個人用モバイルWiFiとして自宅で利用できます。
契約・解約の事務手数料がかからないため、長期間の利用で最安値。
・支払い方法
支払い方法がクレジットカードだけでなく、口座振替も利用できます。
クレカを持っていない方でも契約できます。

縛りなしWiFi

縛りなしWiFi 3,300円 縛っちゃうプラン 2,800円も好評!

・新プラン
縛りありの新料金プラン「縛っちゃうプラン」があります。
36ヶ月の縛りですが月額2,800円(税抜)でお得なプランです。
・安心サポートプラン(500円(税抜)/月)
端末の故障・画面割れ・水没・紛失の場合 :
未加入時3,9800円(税抜)が1万円(税抜)の支払いでOK。
・端末の送料
契約時の初回端末送料、端末が届いてからの初期不良による交換送料は無料になる。
解約日は月最終日となり、解約月は1ヶ月分の利用料金の支払いになる。 解約時および、端末故障・紛失・水没の送料はお客様の負担です。
・通信速度制限
1日に2GBを超えると当日中速度制限になります。
・端末を指定することはできる?
端末の指定はできません。(※WiMAX・Softbankいずれかの電波が受信できない場合は可)

 

 

WiMAX WX05
同時に最大10台接続可能。
連続通信時間は約14時間。

Softbank 502HW
同時に最大10台接続可能。
連続通信時間は約10時間。

・解約の方法
契約後、最低1ヶ月の利用後はいつでも解約が可能です。
解約申請した翌月末が解約日となります。
返送にかかる費用はお客様の負担。
・支払いのタイミング
初回料金は端末発送前に日割りで決済になり、翌月以降は月末に決済になります。
・モバイルバッテリーのレンタルも有り
300円(税抜)/月でモバイルバッテリのレンタルもあります。
WiFiルーターだけでなくスマホの充電にも利用できます。

famifi

民泊運営代行シェアNo.1の familiar link が提供するfamifi

・たっぷり使えて超高速!
通信速度最大下り440Mbps !
月間データ使用量の制限なし。(3日で10GB超で速度制限があります。)
・多言語サポート
英語・中国語・韓国語・日本語スタッフが
ゲストからの問い合わせに対応。
・他社圧倒の安心保証
月額500円の安心保証加入で
紛失・破損・故障には迅速に代替え品と交換可。
・通信対応エリア
下記リンクから対応エリアの確認
WiFi利用可能エリア
・契約者の感想

Aさん(40代女性)
民泊Wi-Fiを導入したのは今回が初めてだったのですが、導入前と比べ、予約者数がアップしました!「famifi」は月額通信制限がないので、次のゲストが利用できないという事がなくなり、急遽変わりのWi-Fiを持って行かなきゃいけないという事がなくなりました。もっと早く「famifi」を知っていれば良かったと思います。


Bさん(30代男性)
お部屋にインターネット回線を引いていましたが、ポケットWi-Fiの貸し出しはしていませんでした。予約率とレビューアップのため、この民泊Wi-Fiを導入しましたが、大正解!
ポケットWi-Fiは、本当に民泊運営の必須アイテムですね。


Cさん(50代男性)
以前使っていた民泊Wi-Fiは速度制限がかかるため、月中にゲストよりクレームが入っていましたが、この民泊Wi-Fi(famifi)は月間の通信制限がなく、ゲスト皆様にストレスなく利用して頂いています。famifiに変えてからは民泊ゲスト全員にとても喜ばれています。

モバイルWiFiのメリットとデメリット

メリット

・月額料金
固定回線は月額料金が約4,000円~6,000円位かかりますが、モバイルWiFiの月額料金は約2,500円~5,000円程度で利用できます。

・利用可能場所
モバイルWi-Fiはポケットサイズなので持ち運びが容易にできて、場所を選ばず外でもインターネットを利用することができます。

・初期費用
契約事務手数料が0円~3,000円なのと、端末代金が0円なので初期費用を安く契約することができます。

・工事が不要
固定回線の場合は自宅に引き込むための工事が必要ですが、モバイルWi-Fiの場合は届いたその日から電源を入れるだけで利用できます。

デメリット

・回線速度
固定回線は、今や光回線が普通になっていて、理論値の最高速度は1Gbps以上となっています。
モバイルWi-Fiは理論値で下り440Mbpsとなっているので、光回線にはおよびませんが、スマホと同等の高速回線が期待できるので、普段使いであれば問題ないレベルです。

・通信エリア
スマホのように電波が届かず使えないということがあるので、契約の前にサービス提供エリアを確認する必要があります。

・通信制限
モバイルWi-Fiは使いすぎると通信速度が制限されます。
しかし、余程のヘビーユーザー(3日で10GB超)でなければ通信制限の心配は要りません。

まとめ

民泊ホストの方が導入した場合は、ゲストユーザーの評価が上がり、宿泊予約数が増える効果が期待できます。

外国人観光客であっても、提供会社が多言語でサポートしてくれるので、ホストの負担が減ることだけでなく、さらにゲストユーザーの評価が上がることでしょう。

個人で利用する場合でもモバイルWiFiのデメリットである「通信エリア」と「通信制限」をクリアできれば、月額料金を安くインターネットを利用することができます。

外国人観光客や宿泊者へのレンタル、もちろん個人での使用にも低価格で便利なモバイルWiFiルーター。

仕事での出張や数人での外出、観光、キャンプ、行楽にも使えて数人でWiFiの共有もできます。

モバイルWiFiルーターを契約期間の縛りなしでレンタルでき、民泊WiFiとしても利用できる3社の紹介でした。

各種キャンペーンの確認

こちらもチェック!50GB/月使えて2,980円(税抜)下り最大速度150Mbps