レンタルWi-Fi 海外利用でおすすめのルーターと容量

トラベルWi-Fi
スポンサーリンク

Wi-Fi環境のすすめ
高速通信のはじめ方
縛りなしで活用できるモバイルWi-Fi

海外旅行する場合、スマホやタブレット、パソコンを海外に持ち出して旅行をする方は多いと思います。

海外を旅行しながら日本にいるときと変わらずに手持ちの端末を使えたら、なんのストレスもなく旅行を楽しむことができます。

海外でインターネットを楽しむには、「国際ローミングサービス」を利用する方法と、「Wi-Fiルーター」を利用する方法の2通りがあります。

「国際ローミングサービス」を利用する方法は、2,980円/日と料金プランが高額なので、これから旅行を考えている方には、安く海外で使えるレンタルWi-Fiルーターをおすすめします。

レンタルWi-Fiルーターおすすめする理由

Wi-Fiルーターは1台携帯することにより、スマホはもちろん、タブレットやノートPCが同時にWi-Fi環境で使用することができるので便利です。

さらに、同時に5台の端末と接続できるので、一緒に旅行している方も同じWi-Fiルーターに接続して利用することができます。(ルーターの通信エリア内にいることが必要)

レンタルWi-Fiルーターは、国内の通信事業者(キャリア)を通さずに、現地(海外)のローカルネットワークを利用し通信します。

そしてメリットは、やはり料金が安くてお得ということです。 料金プランは渡航先で異なりますが、データ容量1日あたり300MBで1,000円/日前後、データ容量1あたりが600MBでも1,500円/日前後と安く設定されています。
同行者と契約料金をシェアすればさらにお得に使えるし、Wi-Fi設定をしっかりすれば高額請求の心配がありません。
また、家族で旅行する時に、別行動がある場合は2台レンタルすればお互い回線が途切れずに行動することができます。

そして何よりも現地でわざわざインターネットのできるカフェやホテルなどのWi-Fiスポットを探さなくてもよくなり、出先で自由に観光地を検索したり、観光地までのマップを開いて見たりすることができることです。

→渡航先のかんたん料金シュミレーション

申し込みの仕方

レンタルWi-Fiルーターの申し込み方は非常に簡単です。

1.申し込み・決済(決済はクレジットカードかコンビニ払い)
2.機器の受け取り(国内空港カウンター受取、ロッカー受取、現地受取、宅配便受取)
3.渡航先での利用(使用端末にSSIDとパスワードを入力し設定、接続する)
4.機器の返却(国内空港カウンターや返却BOX、宅配便で郵送)

レンタルWi-Fiルーターの申込み後の本体や付属品の受け取り方も、空港で受取ることができるカウンター受取りやロッカー受取を選択するのがいいでしょう。

自宅で受け取れる宅配受取も選択できますが、旅行の前日に必ず自宅にいる方は良いのですが、地理的に空港近くのホテルに前泊を考えている方もいると思いますので、当日に空港受取やロッカー受取にするほうが前の日に時間的な余裕が生まれます。

しかし、お正月や大型連休といった沢山の人が空港へ駆けつける時期は、受け取りカウンターでさえも混雑が予想されます。

そういった場合は、何日か前に宅配便での受け取りを選んだ方が混雑を避けることができます。

サポート体制とデータ容量

もしもの時のサポート体制も万全で、24時間365日海外からの問い合わせにも対応可能となっています。
無料通話アプリのLINEやSkypeを使用しての問い合わせや、メールでの問い合わせができます。

現地(海外)のローカルネットワークの通信エリアなら、どこに居てもケーブル無しで、スマホやタブレット、ノートPCでインターネットを楽しむことができます。

セキュリティ対策も万全で、レンタルWi-Fiルーターは暗号化された形で通信するのでリスクが軽減されています。

一番気になることは、Wi-Fiルーターを使うことでどのくらいのデータ通信量がかかるのかということだと思います。
2~3人でデータ量をシェアして使いたい方は1GB/日のプラン容量を選べばいいでしょう。
なので、1人で旅行するなら300MB前後のプランを目安に、もう少しヘビーに使いたい方は600MB前後のプランを目安にするといいでしょう。

→データ通信量の目安

国際ローミングサービス

手持ちのスマホをそのまま海外で使用したい方は国際ローミングサービスに接続して利用します。

そして、海外で利用するためにスマホでデータローミングをオンにするなどの設定が必要です。

キャリアの海外パケット定額は料金が高く、パケット定額エリア外で使用した場合「パケ死」する恐れがあると言われています。
キャリアA・海外パケホーダイ :2,980円/日
キャリアB・海外ダブル定額 :24.4MBまで1,980円/日、越えたら2,980円/日
キャリアC・海外パケットし放題 :25MBまで1,980円/日、越えたら2,980円/日

スマホのテザリングを使用し、タブレットやノートPCでインターネットを利用することができますが、テザリングオプションを契約しているかの確認が必要です。また加入しているプランによっては月額料金:500円が発生する場合もあります。

テザリングとは
外出先でもスマホを親機として、パソコンやタブレットなどを子機としてネットにつないで利用できます。親機と子機の接続方法は、Wi-Fi/Bluetooth®/USBケーブルの3種類があります。
テザリング利用時は、通信料が高額になる場合があるので、パケット定額サービスへの加入を強くおすすめします。

まとめ

「国際ローミングサービス」は個人の利用でデータ容量も低く、料金がとても高く設定されています。

レンタルWi-Fiルーターはデータ容量も豊富で、料金が安く同行者とシェアできるところが魅力です。
音声通話が必要な場合は、Wi-Fi環境で利用できるLINEやSkypeなどの無料通話アプリを使用するといいでしょう。

また、早めに申し込みをすれば割引が適用される場合があるので、より安くレンタルWi-Fiルーターを利用ができ、混雑時に、在庫無しで借りられない、といったこともないので海外旅行が決定したらレンタルWi-Fiルーターの予約も考えたほうがいいでしょう。

→500MB/日が580円からで、スマホの充電もできるルーター

コメント