配信映画【イコライザー】タイトルの意味と「老人と海」

老人と海洋画

こんにちは、まこきちです。

今回ご紹介するのは、こちらです。

邦画:【イコライザー】
監督:アントア・フークア

公開:2014年
時間:2時間12分

主な登場人物

ロバート・マッコール:デンゼル・ワシントン

アリーナ:クロエ・モレッツ

スポンサーリンク

イコライザーの意味とヘミングウェイの老人と海

タイトルのイコライザーという名前を見て

まこきち
まこきち

音楽関係の映画かな?

でも何故か拳銃を握っている画が??

そして登場人物は演技派のデンゼル・ワシントン。

少し様子見で・・と観始めたら

すんげーおもしろいし!!
すんげー強い!!

一気に最後まで観てしいましたw

そして映画の中で気になったことが2つ

①イコライザーの意味
②老人と海 ヘミングウェイ

です。

イコライザーの意味

イコライザー(equalizer)という言葉は

音響装置のことでツマミを上げ下げして音の均衡を図ったり

音の調節をしたりするものと考えるのが一般的だと思うし

それが正解だと思います。

一般家庭でも少し前には

大きなステレオと大きなスピーカーで

オプションでイコライザーが装備できて

と知ってる方も多いと思います。

今のステレオはコンパクトで小さなスピーカーだけど

音質もすごく良くなってます。

まこきち
まこきち

俺のAKAIのステレオにも付いてたな~w

辞書で調べてみると以下のような意味です。

1.等しくするもの[人];同点打[ゴール]など。
2.平衡装置。
3《俗語》銃。

出典:weblio英和和英辞書 https://ejje.wblio.jp/content/Equalizer/

イコライザーはequal(イコール =)からきていて

equalからequalize(イコライズ 均衡・平衡を保つ)

そして「均衡・平衡を保つ者」という意味で

equalizer(イコライザー)となります。

しょうきち
しょうきち

じゃ~映画の題名の意味は「均衡を保つ者」なの?

まこきち
まこきち

そこなんです。

悪をやっつけて、生活に平衡や平穏を取り戻す

と考えてみれば、イコライザーを

「均衡・平衡を保つ者」と解釈してもスッキリと

映画にはマッチできます。

だけど辞書の3番目俗語の「銃」

当てはまるような気がします。

しょうきち
しょうきち

なら「銃を使って均衡を図った者」でいいんじゃないの?w

まこきち
まこきち

げっ!!・・・・そうしよ~か?・・・www

でもそれだと、イコライザーイコライザーになっちゃうので✖です。

3番目は俗語だけど銃(銃器や刃物などの致命的な武器)

という解釈があります。なので

イコライザーは「致命的な武器を持つ者」

と解釈もできます。

しょうきち
しょうきち

確かにあの強さは半端なく致命的な武器だわw

「致命的な武器を持つ者」として映画を振り返ると

悪の連中はマッコール(デンゼル・ワシントン)に必要最低限の力で

あっという間にやられてしまうし

あの強さと強靭さ、そして心の強さも持っているから

どんな敵にも負けないという

恐ろしささえも見えてきて、

「致命的な武器を持つ者」としてなるほどって思えます。

参考:この英語の意味なに?

老人と海

映画の中で本の「老人と海」が出てきます。

主人公マッコール(デンゼル・ワシントン)が24時間レストランに深夜に赴き

お茶をしながら読書をして自分の時間を楽しむシーンがあります。

そこで客の女の子アリーナ(クロエ・モレッツ)との会話の中で

マッコール(デンゼル・ワシントン)が読んでいた「老人と海」が取り上げられています。

マッコール「老人は魚を舟に縛り付け港へと戻る、

ところが血の匂いをサメが嗅ぎつけて

せっかくの魚を食い尽くしてしまうんだ。」

アリーナ「努力が無駄って感じね」

マッコール「いや、それは見方による

老人は人生の黄昏を迎えたころ、最高の敵に出会ってその魚に自分をみた。

で戦うほどに尊敬の念を抱いていった。」

アリーナ「魚を逃がせばよかったのに」

マコール「老人は老人で魚は魚だ。

自分以外のものにはなれない、なにが有っても。」

吹替版:0:11:15

ここでの会話で私が思ったことは

人生の経験には何も無駄なことはない。

経験しないことには自分を向上させることはできない。

自分は自分、よそはよそ。

まこきち
まこきち

失敗したっていいんです、経験しましょう。

こんなことを思いました。

 

次回2人がレストランで出会った時の会話では

アリーナがシンガーになりたいんだけど

こんな自分には無理って言ったことに対して

マッコール「なれるよ、そうなりたいと望むなら何にでもなれる。世界を変えろ!」

吹替版:0:16:48

まこきち
まこきち

何事も諦めないで望み続けて行動することが大事ってことですなw

自分が他の人にはなり得ないけど

自分の未来は自分で変えられる

自分を変えるには「変えるんだ」って気持ちを持つことが大事

ん~深いね。

まこきちの感想

無敵感が最高なので☆☆☆☆

とにかくアクション満載の映画で楽しめました。

ボーンのマッド・デイモンにも似てましたが

演技力は流石なデンゼル・ワシントンでした。

よかったら観てみてください^^

====================

以上、まこきちの考察と感想でした。

コンテンツのほんの一部しか御紹介していませんがいかがでしたか?

ツッコミ所があると思いますが、どうぞお許しくださいw

もし思いやりのある御意見や御感想が御座いましたら

コメント欄やお問い合わせフォームをご利用下さいますようお願いいたします。

ここで紹介したコンテンツが配信終了となっているものがあるかもしれません。
その場合はご容赦下さいますようお願いいたします

最後までお読み頂きありがとうございました。

『Twitterフォローお願いします🙏』
『フォロバ 100です🤣』

 



洋画
スポンサーリンク
まこきちねっと

コメント