WiFi環境のすすめ|Wi-Fiルーター設置で様々なデバイスに接続

ワイファイWi-Fi
スポンサーリンク

Wi-Fiの基本から、規格とストリームやメッシュネットワーク、トライバンド、スマホの節約も

Wi-Fiとは?

「Wi-Fi」とはケーブルを使わずに、ワイヤレスでLAN接続する規格のひとつで、「無線LAN」と呼ぶと大体の方は聞いた事があってわかりやすいと思います。

LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)とは自宅やオフィスなどのエリアで利用するネットワークのことで、スマホやタブレット、パソコン、Wi-Fi対応家電などのWi-Fi対応機器をそれぞれ接続することでインターネットにアクセスしたり、機器間でのデータのやり取りを行ったりできるようになります。

有線では、LANに接続するためにはルーターと各機器を有線のLANケーブルで接続して利用する必要あります。

しかし現在ではそれを無線化して受信するスマホやパソコンがほとんどです。

有線の接続とは違い、Wi-Fi接続のメリットは自由度の高さがあります。

ケーブルによって設置場所に制限がある有線LANと比べてWi-Fiだと設置場所を気にすること無く、屋内はもちろん屋外でも利用することが可能になります。

さらにカフェやショッピングモール、公共施設などで誰でも無料で使える「公衆無線LAN」が普及してきているため、外出先でも手軽にインターネットにアクセスできるほかに、スマホの通信量を気にすること無く気軽にサイトの閲覧やオンラインゲームを楽しむことができます。

「ワイヤレスで機器を接続する」というと初めて利用する方だと「難しそう」というイメージを持つかもしれません。

でも現在発売されている無線LANルーターやスマホ、パソコンなどのWi-Fi対応機器は簡単に接続できるように設計できているため、手間もかからず接続トラブルもほとんどありません。

そこでより身近になったWi-Fiの基本から機器の接続方法、便利に使いこなすための方法や通信量を控えてお得に使いこなすためのテクニックなどを紹介します。

ホームWi-Fi

スマホやタブレット、パソコンも家庭のテレビも全部「Wi-Fi」!

■Wi-Fiの基本

Wi-Fiは無線LANルーターを屋内に設置された光回線終端装置に接続しWi-Fi電波を飛ばすことにより利用できます。

自宅やオフィスなどのネット環境をWi-Fi化するメリットは、なんと言っても端末の設置場所を気にせず使えることです。

これまでは複数の機器をインターネットに接続するには有線LANケーブルを使用することで、ケーブルの長さや取り回しに悩むことが多かったと思います。

無線LANならルーターを設置すれば電波の届く範囲であればどこでも自由に機器をインターネットに接続できます。

スマホやタブレット端末なら家の中を移動しながら利用できるので大きな利点と言えます。

■Wi-Fiの設定は超簡単

Wi-Fiは設定が難しいというイメージが強いですが、最近の無線LANルーターは初期設定がとても容易にできます。

はじめて設置する方でも戸惑うことがなく、驚くほど簡単にWi-Fi環境を構築することが可能です。

接続方法も簡単で、スマホやタブレット端末から使用する無線LANルーターを選んで、パスワードを入力するだけで接続完了です。

コンビニやファミレスなどの公衆無線LANに接続する方法と同じなので容易にイメージできると思います。

さらに無線LANルーター本体に設置されたボタンを押すだけで接続が完了するというものまであります。

■Wi-Fi対応家電

無線LANを利用できる家電は、スマホやタブレット端末だけではありません。

パソコンやその周辺機器、テレビやカメラ、ブルーレイディスクレコーダー、ゲーム機やプリンターなど様々な家電が無線LAN接続できます。

■モデムとルーターの違い

モデムとはインターネット(WAN:ワイド・エリア・ネットワーク)に接続するための機器です。

WANとは屋外のネットワークのことで、LANとは屋内のネットワークのことを言います。

なのでモデムとは屋外のネットワークと接続する機器といえます。

光回線の場合は光回線終端装置といいます。

そのモデムに接続して屋内でネットワークを構築するのがルーターになります。

それを無線化するのが無線LANルーターの働きになります。

■スマホの通信量を節約

”スマホを使ってネットを楽しんでいたらいつの間にか通信容量を使い果たしまい、通信制限を受けてしまった。”

そんな経験をした人は決して少なくないと思います。

でもWi-Fiならそんな心配もありません。

自宅やオフィスに設置したWi-Fiルーターに接続すれば、携帯電話のキャリアで契約している通信容量はカウントされないんです。

そうです使い放題になるんです

カフェやコンビニ、ファミレス等の公衆無線LANサービスと同様に、スポットごとに決められたパスワードを入力して接続すれば通信容量を気にすること無く動画の視聴やSNSの投稿、通信を伴うゲーム等を自宅やオフィスでできるようになります。

公衆無線LANの場合、利用時間の制限が設けられている場合があります。

大容量のアプリや動画、映画や音楽をダウンロードする場合は、通信容量が大きくなるのでWi-Fi接続で行うことを心がけましょう。

そうすることにより契約している携帯電話キャリアの通信量を大きく節約することができるようになります。

■いま選ぶならバージョンは「11ac」

Wi-Fiには、つながり安さと速さの違いでバージョンが設定してあります。

Wi-Fiは携帯電話と同様に電波を使って通信を行うという性質上、世界基準の統一規格が定められていて、「IEEE802.11」という名称の11という後ろに「ac」や「n」といったバージョンが表記されています。

「IEEE802.11ac」とか「IEEE802.11n」といった表記です。

一般的に無線ルーター製品のバージョン表記は「IEEE802.11ac/n/g/b/a」となっています。

「ac,n,g,b,a」はバージョンを表しますが新しいバージョンでも下位互換を持ち合わせているので、「ac」と表記してあれば間違いなく下位の「n/g/b/a」通信もできるということです。

最新のバージョンは「11ax」が登場していますが、価格も高額で普及するにはまだまだ数年と言われているので「11ac」を導入すれば間違いがありません。

■Wi-Fi規格が変更されます

Wi-Fiの規格は「a」「n」など、どの規格の通信速度が速いのかがわかりにくかったので、今後は「Wi-Fi 4」のようなナンバリング規格が採用されます。

数値が高いほど高速で今現在の最高は「Wi-Fi 6」となります。

Wi-Fi 4=「IEEE802.11n」最大通信速度 600Mbps
Wi-Fi 5=「IEEE802.11ac」最大通信速度  6.9Gbps
Wi-Fi 6=「IEEE802.11ax」最大通信速度  9.6Gbps

こんなバージョン表記になります。

なので、導入するなら「Wi-Fi 5」を選択すると間違いないです。

Wi-Fiは新しいバージョンほど通信速度が速くなりますが、最大通信速度は理論上の最大値なので実測では低い値になります。

■Wi-Fiの周波数帯は2種類

Wi-Fiで利用される周波数帯は2.4GHzと5GHzの2種類です。

周波数の低い2.4GHzは障害物に強いが他の電波の干渉に弱いです。

その反面5GHzは他の機器で利用されることが少ないため電波の干渉に強くて安定性が高いが、電波の直進性が高いために障害物に弱い周波数帯です。

現在発売されているWi-Fiルーターは障害物に強い2.4GHz帯と5GHz帯を併用して安定した通信を実現しています。

■ルーター親機の下位互換

現在量販店などで販売されているWi-Fiルーターの主流は「IEEE802.11ac」です。

ゲーム機や少し前のスマホなど一部は「11ac」に対応していない機器もありますが、基本的にWi-Fiは下位互換があるので、親機さえ「11ac」対応していれば「11n」や「11g」といった下位バージョンのみに対応している機器にも接続ができます。

これから数年は「11ac」が主流であるといわれているのでWi-Fiルーターは「11ac」対応の親機をオススメします。

5GHz帯は2.4GHz帯に比べ高速で安定した通信が行えますが、直進性が高いので壁やフロアを越えると通信距離が短くなります。

そのため電波が強力なモデルや内蔵されるアンテナの数が多いモデルなど、効率的に電波を飛ばす機能に長けた製品を選ぶ必要があります。

■子機設置が必要な場合

一般に、スマホやタブレット端末、携帯ゲーム機などは、Wi-Fi受信機を内蔵されているものがほとんどです。

なので受信する側がWi-Fiルーター親機の専用子機を接続設置する必要はありません。

専用子機が必要な場合は、少し前のパソコンの受信機がトラブルで機能しない時や、自作パソコンにPCI-E接続の無線LANカードを設置していない時に必要になってきます。

専用子機はUSB接続するだけWi-Fi接続できるので簡単に設定できます。

例えば自作パソコンのポートを無線LANカードで占拠するよりも、USB接続した子機を用いるほうが簡単に無線LANを構築することできます。

もう一つは、テレビがWi-Fiを受信できないときです。

スマホやタブレットよりも大きな画面で動画を楽しみたい時があります。

動画や映画が配信サービスされているのはYouTubeTverAbemaTVHuluPrimeVideoU-NEXTFODNETFLIXなど無料で楽しめるものから有料のものまであります。

これらをテレビの大画面で楽しむには、テレビのHDMI端子にWi-Fiを受信できるAmazon Fire TV Stick(価格:4,980円)を接続すれば視聴できるようになります。

4K Ultra HDに対応したAmazon Fire TV Stick 4K(価格:6,980円)もあります。

どちらもリモコンにAlexa音声認識が付属されていて、音声で検索入力ができるようになっています。

ホームWi-Fi-02

■11ac対応の高性能ルーター

発売されて間もない頃は、とても高価だった11ac対応のルーターでしたが、最近は価格も落ち着いて手頃な値段になっています。

安いものだと 5,000円以下でも高性能機器が購入できてWi-Fi環境が構築できるようになりました。

〇バッファロー Air Station WSR-2533DHPL 11ac 価格:7,480円
4×4アンテナを搭載し、安定した高速通信が可能。電波を最適に届けるビームフォーミング対応でiPhoneとの相性も良い。

〇NEC 11ac対応 Aterm PA-WG1800HP4 価格:6,399円
Wi-Fi端末に向けて集中して電波を送信するビームフォーミング機能にも対応し、高速通信が可能です。

■アンテナ数=ストリーム数の確認

無線LANルーターを選択する重要なポイントのひとつとしてストリーム(アンテナ数)があります。

アンテナ数=ストリーム数が多いほど通信が安定するし高速化します。

また複数機器との同時接続を実現して安定化させる「MUM-MO」や子機に対して集中して電波を飛ばす「ビームフォーミング」などの安定化技術を採用しているかも確認する必要があります。

最近は複数の中継器を用いることでくまなく電波を届ける「メッシュネットワーク」や2.4GHz帯と5GHz帯を組み合わせた通信を行う「デュアルバンド」「トライバンド」など、速度と同時につながりやすさを重視した製品も登場しています。

アンテナには内蔵タイプと外付けタイプがあります。

大半のものが内蔵タイプでそのメリットは、電波の方向性はないがコンパクトで電波強度は外付けアンテナと遜色はなく、つなげるWi-Fi機器が近くにあるならおすすめで、子どもやペットにアンテナを折られる心配もありません。アンテナ外付けタイプは、アンテナを動かすことで特定の方向に電波を飛ばすことができる点が特徴です。

■アンテナ数を確認

ストリーム数(アンテナ数)は製品パッケージから確認することができます。

例えば「4×4」とパッケージに書かれていたら送信アンテナが4本、受信アンテナが4本の製品であることを示したいます。

製品選びに迷ったら、まずこのストリーム数を確認し、用途や価格のバランスを考慮して選ぶことをおすすめします。

■メッシュネットワーク

親機と中継機を自宅に設置することにより、家中にWi-Fiを使えるようにするのが「メッシュネットワーク」です。

家の中でWi-Fi電波がうまく届かないときに威力を発揮します。

親機のルーターの電波の届くところに「中継機」を配置し、屋内で電波の死角を作らないようにするネットワーク構築です。

鉄筋コンクリート造の3階建て家屋でも威力を発揮してくれて、通信速度も落ちないので家中どこにいても快適にWi-Fiを利用できます。

■トライバンドを検討

これまでWi-Fiで接続する機器はパソコンやプリンター等の周辺機器が一般的でしたが、今はスマホをはじめ、タブレットやテレビ、スマート家電、スマートスピーカー等多岐にわたります。

そのため、利用する人数が変わらなくても、同時に接続する機器の数は増加しています。

そして同時接続する数が増えたことにより心配されるのが速度の低下や通信が不安定になることです。

この対策として最も重要となるのが、ストリーム数(アンテナ数)です。現在ストリーム数は2~4本が一般的ですが、接続する機器が多いなら4本のタイプがおすすめ。

価格は4ストリームの方が2ストリームよりもやや高くなっていますが、最近は価格も落ち着いて4ストリームが1万円以下で購入できるWi-Fi機器も珍しくなくなってきています。

それでも単身世帯や接続機器が少ない環境であれば、手軽な価格で購入できる2ストリームの製品を選択するのが賢い選択になります。

利用人数と接続機器が多く、複数機器への接続をさらに快適にしたいのなら3つの周波数を同時に利用可能なトライバンド対応モデルを選ぶといいでしょう。

製品の価格は高くなりますが得られる効果も比例して高くなります。

■トライバンドとは

通常のWi-Fiルーターは「デュアルバンド対応ルーター」対応で、5GHz帯と2.4GHz帯の2つの周波数に対応していて、それぞれ機器を接続して通信が可能です。

一方「トライバンド対応ルーター」は、5GHz帯、5GHz帯、2.4GHz帯と3つの帯域を使って通信を行うため転送するデータを分散しやすく安定した高速通信がおこなえます。

複数の機器を接続しても快適な利用が期待できるということです。

無線LANルーターの製品パッケージには「接続人数」といった表記があります。

この人数はバッファローの公式サイトによれば、1人が3台までのWi-Fi接続機器を使うことを想定した値です。

例えば人数が「6人」と表記されているなら、最大18台の同時接続が可能となります。

1人3台というのはかなりヘビーな使い方を想定しているので、一般的な家庭は勿論、業務で使っている場合でも十分参考になる値です。

つまり「接続人数」が2人と記述されている安価なモデルであっても、6台程度は問題なく接続できることができます。

Wi-Fi接続機器を1人1台しか使わないという場合は、2人モデルでも十分に利用可能ということです。

ホームWi-Fi-05

■家族で使うなら1万円台のモデルが高速・安定でおすすめ

家族で接続して使うなら1万円台で、一人暮らしならば5,000円前後でも十分です。

Wi-Fiルーターの価格は高価なもので2万円台半ば、安価なもので3,000円前後で購入できます。内蔵機能にもよりますが、基本的にストリーム数(アンテナ数)によって価格は変わります。

2ストリームなら5,000円前後、3ストリームは8,000円前後、4ストリームなら1万円以上が相場となります。

一人暮らしなど、個人ユーザーなら2ストリームの安価なタイプで十分です。

ただし、これから選ぶなら「11ac」に対応しているものを選ぶのが絶対条件です。

家族や事務所など、複数人で使う場合やWi-Fi接続機器が多いなら、3~4ストリームを選んだほうが通信が安定します。

接続数がかなり多いのであれば、高額にはなりますが、トライバントを選択したほうが確実です。

■Wi-Fi対応機器が増加中

Wi-Fiで接続する機器と言えば、パソコンやスマホ、テレビ、ゲーム機などですが、その他にもたくさんの機器があります。

これらのWi-Fi接続機器を多く利用する人はルーターの同時接続台数に注意が必要です。

最近話題なのは、スマートスピーカー。

Amazon Echo Show 5」や「Google Home」が有名で、「Siri」や「Googleアシスタント」と同じように音声アシスタントによる操作ができることがポイントです。

また、ネットに繋がるスマート家電も増えています。

テレビやエアコン、電球、冷蔵庫など、Wi-Fi経由でネットに繋がり、スマホによる操作などが可能です。

その他、パソコン不要で単体動作するネットワークカメラや、NAS(ネットワークHDD)もWiFiに接続して使える便利な機能です。

■家中隅々まで繋がりやすい

「メッシュネットワーク」は、複数の中継器を設置し、ひとつのネットワークとして活用する通信システムです。

1台のWiFiルーターではカバーが難しい2階建て以上の一軒家や広いマンションなどでも、どの部屋にいても強力な電波を受信できます。

対応機はまだ少ないですが、今後さらなる普及が見込まれます。

屋外でWi-Fiを使うには

■屋外でのネット利用

公衆無線LANやモバイルWi-Fiルーターを活用すれば屋外でWi-Fiの利用は可能です。

自宅の場合、Wi-Fiルーターを設置すれば、パソコンやスマホなどの子機に接続できます。

ところが、屋外や公共の場所の場合、自分のWi-Fiルーターを勝手に設置するわけにはいきません。

そこで活躍するのが「公衆無線LAN」と「モバイルWi-Fiルーター」と呼ばれているものです。

公衆無線LANとは、アクセスポイントのひとつで、無線LANを利用した接続を提供するサービスのことです。

カフェやコンビニなどに設置されたWi-Fiルーターを利用し、無料あるいは有料でネットに接続することができます。

モバイルWi-Fiルーターとは、持ち歩き可能なWi-Fiルーターのことで、電源ケーブルやLANケーブルに接続することなく利用できます。

公衆無線LANは悪意のある第三者から個人情報を狙われる可能性があるので、モバイルWi-Fiルーターなら、携帯電話の電波が届く限り場所を選ばず安心して通信を行うことができます。

■モバイルWi-Fiルーターならどこでもネットに接続できる!

固定回線を必要としない「モバイルWi-Fiルーター」は、場所を選ばずネットに接続できるのが魅力です。

また、自宅のネットワーク環境もモバイルWi-Fiルーターでまかなえば、光回線など、固定ネット回線の契約も必要ありません。

通信料に制限があるという問題点はありますが、モバイルWi-Fiルーターをうまく使いこなせば、月々のネット料金を大幅にコストダウンすることも可能です。

〇コンパクトで持ち歩きしやすい。

〇工事不要ですぐに利用できる。

〇固定回線よりコストが低い。

〇外出先でも自由自在にネットに繋げることができる。

〇ユーザー専用のWi-Fi環境が利用できる。

公衆無線LANは、いまや飲食店や商業施設など、人が集まる施設の必需品アイテムといっても過言ではないほどの普及を見せています。 接続方法は施設によって異なりますが、施設内に接続方法が掲示されているのがほとんどです。 ただし、公衆無線LANは、不特定多数のユーザーが接続するといった性質上、セキュリティソフトで対策が必要と言われています。 安心のセキュリティソフトで、動作が軽くて速いNTTグループの「マイセキュア」はおすすめです。 料金は5台利用の申し込みで月額 550円(税込)で、Windows、Mac、Android、iOSに対応しています。

コメント