WiFi環境のすすめ|家中どこでもスマホやタブレットをネット接続

タブレット端末WiFi

WiFi環境をおすすめする理由は、配線のわづらはしさから解放されるだけでなく、家中どこでもスマホやタブレットでYouTubeなどの動画配信サービスや音楽配信サービスをネット接続できるようになるからです。

「WiFi」とはケーブルを使わずに、ワイヤレスでLAN接続する規格のひとつです。

有線ではLANに接続するために、ルーターと各機器をLANケーブルで接続して利用します。

しかし現在ではWiFiルーターで無線化してスマホやタブレットを活用することがほとんどです。

有線の接続とは違い、WiFiは家中どこにいても自由にネットに接続という利点があります。

「ワイヤレスで機器を接続する」というと「難しい」というイメージを持つかもしれませんが大丈夫です。

現在発売されている無線LANルーターは、スマホやタブレットなどのWiFi対応機器に簡単に接続できるようになっているため、簡単に数ステップでWiFI環境が手に入れられます。

ホームWi-Fi
スポンサーリンク

WiFi環境のすすめ|家中どこでもスマホやタブレットをネット接続

WiFiの基本

WiFiは無線LANルーターを屋内に設置されたネット回線のルーターに接続しWiFi電波を飛ばすことにより利用できます。

自宅やオフィスなどのネット環境をWi-Fi化するメリットは、なんと言ってもスマホやタブレット、パソコンの設置場所を気にせず使えることです。

これまでは複数の機器をインターネットに接続するには有線LANケーブルを使用することで、ケーブルの長さや取り回しに悩むことがほとんどでした。

それをWiFI環境にすることで、電波の届く範囲であれば家中どこでも自由にスマホやタブレットをネットに接続できます。

WiFiの設定は超簡単

無線LANルーターには固有の「暗号化キー」が設定されています。

無線LANルーターの本体底面か横、もしくはセットアップカードに「暗号化キー」が書かれています。

  • スマホやタブレットのWiFiを「オン」にする
  • 接続できる「ネットワークネーム」が表示される
  • 設置したルーターのネームを選択する
  • パスワードである「暗号化キー」を入力する

これで接続完了です。

そして家中どこにいてもスマホやタブレットをネット接続接続することができます。

WiFiは設定が難しいというイメージが強いですが、最近の無線LANルーターは初期設定がとても容易にできます。

はじめて設置する方でも戸惑うことがなく、驚くほど簡単にWiFi環境を構築することが可能です。

コンビニやファミレスなどの公衆無線LANに接続する方法と同じなので容易にイメージできると思います。

無線LANを利用できる家電は、スマホやタブレット端末だけではありません。

パソコンやゲーム機、プリンターやテレビ、スマートスピーカーなど様々な家電が無線LAN接続できます。

おすすめの11ac対応の高性能ルーター





ホームWi-Fi-05

家族で使うなら1万円台のモデルが高速・安定でおすすめ

家族で接続して使うなら1万円台で、一人暮らしならば5,000円前後でも十分です。

Wi-Fiルーターの価格は高価なもので2万円台半ば、安価なもので3,000円前後で購入できます。内蔵機能にもよりますが、基本的にストリーム数(アンテナ数)によって価格は変わります。

2ストリームなら5,000円前後、3ストリームは8,000円前後、4ストリームなら1万円以上が相場となります。

一人暮らしなど、個人ユーザーなら2ストリームの安価なタイプで十分です。

ただし、これから選ぶなら「11ac」に対応しているものを選ぶのが絶対条件です。

家族や事務所など、複数人で使う場合やWiFi接続機器が多いなら、3~4ストリームを選んだほうが通信が安定します。

接続数がかなり多いのであれば、高額にはなりますが、トライバントを選択したほうが確実です。

スマホの契約プランをより安いプランへ

WiFi環境にすると、スマホのデータ通信料を節約できるだけでなく、今契約しているギガバイト数より少ないプランへ変更できる可能性があります。

スマホは、自宅に設置したWiFiルーターに接続すればキャリアのデータ通信料はカウントされません。

ネットを楽しんでいたら、いつの間にか契約通信量を超過してしまい通信制限を受けてしまった。

そんな経験をした人は多いと思います。

でも自宅がWiFi環境なら、スマホは通信料を気にすることなく利用することができます。

自宅のWiFiに接続することにより、データ通信料の減りを避けられるからです。

今契約しているギガバイト数より少ないプランへ変更でき、安くスマホを使うことができます。

WiFi環境下で、動画配信サービスを楽しむ

テレビのHDMI端子にAmazon Fire TV Stick

自宅をWiFi環境にするとテレビで動画配信サービスを楽しむことができます。

スマホやタブレットでも動画配信サービスを楽しむことができますが、画面が小さいので家族と一緒に見られないし、なにせ迫力がまったくありません。

そこで「Amazon Fire TV Stick」をおすすめします。

Amazon Fire TV StickをテレビのHDMI端子に接続すると、様々な動画配信サービスを自宅のテレビで大迫力で楽しむことができます。


■視聴できる動画配信サービス
ホームWi-Fi-02

WiFi対応機器が増加中

WiFiで接続する機器と言えば、スマホやタブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機などですが、その他にもたくさんの機器があります。

これらのWi-Fi接続機器を多く利用する人はルーターの同時接続台数に注意が必要です。

最近話題なのは、スマートスピーカー。



また、ネットに繋がるスマート家電も増えています。

テレビやエアコン、電球、冷蔵庫など、Wi-Fi経由でネットに繋がり、スマホによる操作などが可能です。

その他、パソコン不要で単体で動作するネットワークカメラなどの家電もWiFiに接続して使える便利なアイテムです。

スマホやタブレット端末のセキュリティ対策

こちらはWindows、Mac、iOS、Androidに対応した出先でのフリーWiFiセキュリティレベルの低いWiFiスポットを安全に利用することができるセキュリティソフトです。

1年で5台カバーできるので、ほとんどの家族が安心して利用できます。

まとめ

自宅にきているネット回線に無線LANルーターを接続すれば簡単にWiFi環境にすることができます。

WiFi環境にすることで、家中どこでもネット接続できるようになるばかりでなく、スマホを安く利用できるようになります。

またパソコンをリモート会議で利用する時は自分の後ろの背景を気にしますが、家中どこでもパソコンを持ち運べるので、気に入った場所でリモート会議に参加できます。

WiFi環境にすることで、普段の生活の自由度が広がります。

『Twitterフォローお願いします🙏』
『フォロバ 100です🤣』

 



WiFi
スポンサーリンク
まこきちねっと

コメント