配信映画【インターステラー】マーフィーの法則と相対性理論って?

ブラックホール洋画

こんにちは、まこきちです。

今回ご紹介するのは、こちらです。

洋画:【インターステラー】
監督:クリスオファー・ノーラン

公開:2014年
時間:2時間49分

主な登場人物

マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャスティン

エレン・パースティン、マイケル・ケイン

スポンサーリンク

マーフィーの法則と相対性理論

宇宙の映画って観ているとなぜか息苦しさを感じませんか?

自分は地球の空気のある所で観ているのに、なんでだろw

宇宙服がそうさせるのかな~。

宇宙服に突然の事故で穴が開いたり、パーツが外れたり取れたりして

酸素がシューって抜けていくとか、

宇宙服内の酸素が残り少なくなったらどうしようとか、

そんな事を考えているから、息苦しさを感じるかもしれません。

そんな中、この映画の中で気になった言葉が2つ出てきました。

①マーフィーの法則
②相対性理論

です。

この2つの言葉の意味を少しでも覚えると

この映画「インターステラー」がよりわかりやすく観られると思います。

マーフィーの法則

娘の名前はマーフィー

主人公クーパーの一人娘の名前はマーフィーといって、

マーフと呼ばれています。

マーフィーは自身自分の名前が

マーフィーの法則

という言葉を連想されるのが気に入らないので、

なんでこんな名前をつけたの?

と父親に問う場面があります。

父親のクーパーの返した言葉は

「(マーフィーの法則っていうのは)

悪いことが起こるってことじゃなくて、

起こる可能性が有ることは、起こるって事、

だから気にすることはないよ」って説明してました。

マーフィーの法則

マーフィーの法則(マーフィーのほうそく、Murphy’s law)とは、「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。多くはユーモアの類で笑えるものであるが、認知バイアスのサンプルとして捉えることが可能なものもあり、中には重要な教訓を含むものもある。

出典:ウィキペディア

説明のようにユーモアを含んだ経験則で、

いずれも考えられる内容だと感じるんだけど中には、

車を「洗車しはじめると雨が降る」っていうのは

確かに、そうそう!

って思いますよねw

まこきち
まこきち

楽天的な考え方はいいかもw

簡単にいうと「考えられることは起こり得る

ってことです。

もう一つ

落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する

っていうのはクスっと笑えることばですw

カーペットの値段に比例するかどうかは置いといて

私なりに考えると

バターを塗った面はその分重さが増すので、

塗った面が下になって着地する確率は

必然的に高くなると思いますw

まこきち
まこきち

「マーフィーの法則」って面白いね^^

相対性理論

「相対性理論」って言葉は

誰もが一度は耳にしていると思います。

まこきち
まこきち

でも詳しくは知りませ~んw

あなた自身が速く動けば動くほど、周囲に対する時間の流れが遅くなります。そして、あなたの動く速さが加速し光の速さに限りなく近づくと、あなた自身の時間は、地上で普通に生活している人から見るとほとんど止まっているように見えるのです。

あなたの動く速さが加速し光の速さに限りなく近づくと、あなた自身の時間は、地上で普通に生活している人から見るとほとんど止まっているように見えるのです。
つまり、あなたにとっての1秒間が周りにとっての1000年にもなり得るというわけです。

出典:studyhacker.net 相対性理論

映画の中ではタイムマシン的な話として出てきます。

宇宙の、とある場所での1時間のミッションが

地球にいる人には7年間にもなり得るといっていました。

だから宇宙でのミッションを早くクリアしないと

地球の最期がそこまで迫ってくることに・・・。

まこきちの感想

ラストは感動☆☆☆☆

5次元の世界っていうのも出てきて、いま自分が実際に存在する3次元との違いとか

宇宙を題材としているので科学的な内容は当然なんだけど、化学や宇宙がわからなくても

興味深い内容でラストは感動の連続でした。

中でも

「諦めるな!」

ってセリフは心に残った言葉です。

いつなんどきも諦めちゃいけない。

諦めちゃいけないのです!

クーパーってすごく優秀なパイロットであり科学者でもあったんですね^^

====================

以上、まこきちの考察と感想でした。

コンテンツのほんの一部しか御紹介していませんがいかがでしたか?

ツッコミ所があると思いますが、どうぞお許しくださいw

もし思いやりのある御意見や御感想が御座いましたら

コメント欄やお問い合わせフォームをご利用下さいますようお願いいたします。

ここで紹介したコンテンツが配信終了となっているものがあるかもしれません。
その場合はご容赦下さいますようお願いいたします

最後までお読み頂きありがとうございました。

『Twitterフォローお願いします🙏』
『フォロバ 100です🤣』

 



洋画
スポンサーリンク
まこきちねっと

コメント