配信動画【あなたの番です 反撃編】第14話 田中そらと黒島紗和

アパート02あなたの番です 反撃編
スポンサーリンク

こんにちは、まこきちです。

今回ご紹介するのは、こちらです。

TVドラマ:【あなたの番です  反撃編】第14話
公開:2019年7月 28日
時間:47分

【あなたの番です 反撃編】第14話 田中そらと黒島紗和

あらすじ

幸子(大方斐紗子)が言った「あの子」とは赤池夫妻殺害犯なのか?

それは一体誰なのか・・・?

考える翔太(田中圭)のもとに、久住(袴田吉彦)が目覚めたという連絡が入る。

急いで病室に向かうが、久住の様子は以前と変わっていて・・・。

町内会の夏祭りの出店について話し合う住民会が開かれる。

出席者は翔太、俊明(坪倉由幸)、田宮(生瀬勝久)、洋子(三倉佳奈)、柿沼(中尾暢樹)、黒島(西野七瀬)、シンイー(金沢美穂)、西村(和田聰宏)、尾野(奈緒)、二階堂(横浜流星)、木下(山田真歩)、藤井(片桐仁)、江藤(小池亮介)、南(田中哲司)。

尾野の案が採用され、オーガニック焼きとうもろこしの店をやることに決まる。

一方、早苗(木村多江)は、神谷(浅香航大)と水城(皆川猿時)の取り調べで自供を始める。

しかし、早苗の供述には矛盾があり、誰かをかばっているようだった。

矛盾点を指摘されると、早苗はまた黙り込むのだった。

住民会の最後に、翔太は、洋子の名が書かれた紙を一同に見せて、誰が引いたものかと尋ねる。

水城に頼んで調べてもらったところ、その紙には発見者の木下以外に6人の指紋が残っていた。

翔太は順に名前を挙げ、それぞれの反応を見るが・・・。

二階堂のAI分析では、美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)、浮田(田中要次)、菜奈(原田知世)を殺害したのは同一人物で、交換殺人との関連は薄いという結果が出る。

この4人を殺す動機を持つ人物はいないと思われ、快楽殺人の可能性が高まる。

分析結果には、犯人の可能性が高い人物として意外な名前が挙がっていたーー。

神谷と水城は、交換殺人ゲームについて澄香(真飛聖)に話を聞きに行く。

近くでは、そら(田中レイ)が総一(荒木飛羽)と遊んでいた。

総一の姿を見た神谷は、榎本夫妻に協力していたことをバラされるのではと動揺する。

夏まつりの夜、新たな犠牲者が!?果たして狙われるのは誰なのかーーー!?
引用:日本テレビ「あなたの番です」公式

総一が”実験を頑張る”と言っていたことを聞き、早苗の様子が一変。

常軌を逸した行動を始め、取り調べができない状態に。

総一の言動を聞いた正志(阪田マサノブ)は、「総一を逮捕してくれ」と懇願する。

彼は「人が死ぬところを見てみたい」という理由で総一が過去に友達を車の前に突き飛ばしたり、学校のニワトリを殺したことを告白する。

息子の猟奇的な凶暴性を知った早苗は、息子を犯罪者にしたくない一心で、総一を殺して自分も死のうとまでした。

正志は、総一を社会から隔離して育てるという早苗の提案に従うことに。

しかし、勝手に家に上がり込んだ床島(竹中直人)に総一の姿を見られ、写真を撮られてしまう。

早苗は、床島に脅されて口止め料を払うことに。

そうした経緯から、早苗は交換殺人ゲームで床島の名前を書いた。

その後、床島が本当に死んでしまい、早苗の元には『やるべきことをやれ』という脅迫文が届く。

息子の存在をバラされる恐怖から、早苗は山際を殺害。

罪を背負いきれなかった彼女は共犯者を増やそうと、藤井への脅迫を始めたのだった。

一方、町内会の夏祭り。

翔太は、黒島と二階堂の淡い恋を張り切ってお膳立て。

そんな中、そらが行方不明になる。

翔太は他の住民たちと手分けをしてそらを探す。

そらは総一と一緒だった。

総一がそらの首を締め上げたその時、間一髪で翔太が駆け付けて止める。

一方、急に大学に呼び出された黒島は、駅のホームで電車を待っていたところ、何者かに突き飛ばされる。

迫る列車、線路に落ちていく黒島。

果たして!?

おわり

引用:日本テレビ「あなたの番です」公式

第15話へ続く

まこきちの感想

久住譲(袴田吉彦)

久住譲はエレベーター事件の真相がバレるのが怖くて記憶がない振りをしている?

榎本総一

榎本総一の事件関与の詳細や背景が父・正志から明らかにされました。

ストーカーくん

黒島紗和を笑いながら大学内でストーカーしている人物。

田宮家に笑いながら宅配業者を装い「河野貴文」の血染めのネームバッジを送りつけた人物。

この人物が赤池夫妻、浮田、菜奈、河野貴文を殺害した犯人かな?w

まこきち
まこきち

この2人は同一人物でしょう。笑顔の死体と関連付けましたw

 

初回から簡単にまとめたものはこちらです

 


2週間無料で振り替える
「あな番」と「扉の向こう」はこちらから

コメント