「Atom」を日本語化してWindowsで使用する

atom_01PC
スポンサーリンク

 

無料で使えるテキストエディタの「Atom」をWindowsにインストールしました。
日本語化の設定もやってみたら超カンタンだったので紹介します。

HTMLをさわって見たいのでプログラミング仕様の拡張パッケージも紹介します。

Atomを公式サイトからダウンロード、インストールする

ダウンロード(無料)

公式ページ(https://atom.io)の「Download」ボタンをクリックしてダウンロード。

 

atom_02

 

インストール

ダウンロードされた、「AtomSetup-x64.exe」(32bitの場合は、-x86.exe)をクリックしてインストールする。

Atomが立ち上がり、下のような画面が表示されてインストール完了です。

そんなに時間がかからずに表示されました。

atom_03

 

「Atom」を日本語化 拡張パッケージの表示

拡張パッケージの表示

「Welcome Guide」を表示させて「Install a Package」を選択します。

atom_04

 

開いたら「Open Installer」をクリックします。

画面左に「+Install Packages」が表示されます。検索窓に「japanese-menu」と入力すると、「japanese-menu」が直下にピックアップされるので「Install」をクリックします。

atom_05

インストールが完了すると日本語化設定の終了です。超カンタンですね。

こんな英語表記が、

atom_06

 

こんな感じで、日本語表記になりました。

atom_07

 

便利な拡張パッケージ(HTML)

そのほか、有ると便利な拡張パッケージを探してみました。

color-picker

色は分かるけど、カラーコードが分からない時に便利。
細かな色調整ができるので、視感的に分かりやすいです。

atom_08

 

pigments

色コードに色をつける拡張パッケージです。
コード上でどんな色を指定したのかが見た目で分かります。

atom_09

 

emmet

HTMLのコーディングをサポートする省略記述よる高速化です。
emmet独自のショートカットキーで、すぐに必要なHTMLコードが生成されます。

例えば、「 ! 」 →「 Tab 」と入力で下のような HTMLのテンプレートが展開します。

atom_10

 

tag

閉じタグを自動的に補完してくれるので、コーディングに集中できます。

atom_11

 

file-icons

設定されているファイルのアイコンをカラフルに表示します。

atom_12

 

atom-html-preview

ブラウザを利用することなく、Atomでライブプレビューを表示できます。
「Ctrl」+「Shift」+「H」で右画面に表示されます。

atom_13

 

 

まとめ

拡張パッケージは日本語化した時と同じように、パッケージ名を検索窓に記入すると直下にピックアップされます。それをインストールすると「Atom」に反映されるので簡単にできます。

その他たくさんの拡張パッケージがあります。Webでどんなパッケージなのかを調べて、気に入ったものをインストールすれば自分仕様の「Atom」が出来上がります。

その他たくさんの、無料で使えるテキストエディタがありますので使って試してみたいと思います。


コメント